130年の歴史を持つ

手袋の街「東かがわ市」

瀬戸内海に面する香川県の最東端、「東かがわ市」に私たちは工房を構えています。

この地は全国シェアが90%を超える手袋の一大産地で、私たちも創業時は革手袋を製造していました。

その後、時代の変化に合わせて事業を変えながら、1980年代よりハンドバッグを製造し続けています。

私たちは"ここ"で作り続けたい

地場産業を次世代へ繋ぐために

1980年代までは、ものを作れば売れる時代でした。しかし、その後海外生産へのシフトが加速し、今や国内におけるアパレル生産比率は2.5%を下回ると言われています。

縫製業が斜陽産業と言われる中、私たちは創業以来、国内生産を貫き続けてきます。それは、”ここ”にものづくりを愛する仲間がいるから。彼ら彼女らの居場所を守りたい。

日本の縫製業は今、窮地に立たされています。かつての誇りを取り戻すため、量産型ではなく、私たちにしかできないものづくりで、現代の不安定な社会に挑み続けます。